税金対策

ここでは、「税金対策」 に関する記事を紹介しています。
2008年9月に始まった金融不安による円高は、多くのスワップ派に損失をもたらしました。以前株式投資をおこなっていたしゅう&はるにとって、少ない資金で様々な通貨に投資できること、変動幅が株に比べ小さいこと、リスクを自らが決定できること、利益が毎日受け取れることなどFXには株にはない優位性を確信していました。

しかし、株と共通して忘れてはいけない危険性を考慮に入れていませんでした。 それは『投資にお金をさらす時間』です。
「スワップ派」は、株式投資で言う「長期投資」になります。例えば日本の超有名会社であるコマツは以前株価が600円台でしたが、最近は4000円近くまで上昇していました。そして直近は再び1000円割れています。投資にお金をさらす時間が長ければ長いほどハイリスクといえるのかもしれません。FXに関しては、利子であるスワップが株の配当よりも圧倒的に高い利率で毎日もらえるので、たとえ長期にわたって下落を続けたとしてもいつかは収支が黒字になる可能性が株よりは高いと考えられ、その点では株よりはローリスクだと思います。しゅう&はるも「今は好景気で高金利。今後景気が悪化して損失をかぶるかもしれない。」と理解し、「でもダラダラ下落なら低レバレッジであれば耐えられる。」と考えていました。

スワップ派を継続するつもりでいるしゅう&はるですが、スワップだけで運用するのかを考え直す時期が来たと考えています。『投資にお金をさらす時間』が長いスワップ派にとって、そのリスクを補う安全策が求められます。今後しゅう&はるは安全策をとりつつ、『投資にお金をさらす時間』を極力短くした投資を重ね、資産運用していこうと考え中です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
税金対策の続きです。

スワップ派は、基本的にストップロスをおきません。
さらにしゅう&はるは、一度立てたポジションは基本的にほったらかしにする予定です。

ここで税金のことを考える必要があります。

今後毎年20万円のスワップを得ると仮定します。
単純に考えると10年間で200万円のスワップが貯まることになります。
サラリーマンの場合、毎年20万円未満の利益は確定申告する必要がありません。
なので、毎年20万円(正確には20万円未満)ずつ利益確定できれば10年間確定申告の必要性はありません。
しかし、スワップを蓄積して10年後に一気に利益確定すると、200万円のスワップ益になりますから確定申告の対象になってしまいます。
それぞれの収入にもよりますが、約20%~50%の税率ですので50万円程度は税金で持っていかれてしまうことになります。

以上から、しゅう&はるの投資スタンスから判断すると、スワップ益は発生した時点でポジションを決済しなくても確定利益になる必要があります
そうでなければ、発生するスワップを発生した年の利益とするためには、必ずポジションを立てた年に決済しなければならなくなってしまいます。

そういった視点で各FX会社を見てみると、

①スワップが発生した時点で確定利益となるFX会社
(スワップ益は、発生した年に確定申告の対象となる)
・セントラル短資
・フォーランド フォレックス
・サイバーエージェントFX
・MJ
などがそうです。

②スワップがポジションを決済した時点で確定利益となるFX会社
(スワップ益は、決済した年に確定申告の対象となる)
・マネーパートナーズ
・スター為替
などがそうです。


以上の理由から、しゅう&はるは資金をマネーパートナーズから引き上げ、他のFX会社に移行中です。ただし、含み損のあるランド円は今後の税金対策用にそのままにしておく予定です。


ポジション 

ZAR/JPY 7万

スワップ 224円/日

予定1ヵ月スワップ 6720円

予定1年スワップ 81760円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




スポンサーサイト
前回の続きで、最大限税金を減らすための対策についてです。

前回まででみてきたとおり、ある程度収入がある場合いきなりくりっく365で取引を開始すると、損とまでは言いませんが払わなくてもいいはずの税金を払うことになってしまうことがわかります。

スワップ派としてこつこつ利益をあげていこうと思う方にとっては、『年間20万円までは確定申告の必要性なし』の非取引所での取引は有効に使いたいものです。

しゅう&はるのようにレバレッジ2倍程度での取引を実践していくのなら、AUD/JPYで考えると1万ドルの購入で年間約5万円のスワップがつきますから、3~4万ドルを証拠金150~200万円で購入しほったらかしにしておけば年間20万円程度のスワップが自動的に無税で蓄積していくことになります。

しかし、それ以上の資金を投入していく場合、投入資金が増えれば増えるほどスワップや為替差益にかかる税率は増えていきますから、くりっく365に資金を振り分けたほうが税金面ではお得になるはずです。

ただし、始めからくりっく365で投資すると、確定利益が20万円未満であっても20%の税金がかかってしまうので勿体無いのでおすすめできません。


以上が、ポジションを構築するための基本的な大前提です。

ここで非取引所で取引する際の利益の扱いについて、税金面で考えておく必要がある点があります。

ここからがしゅう&はるがなぜマネーパートナーズでの運用をやめようと思ったかの重要なところなのでまた書かせていただきます。
(ご存知の方が多いとは思いますが・・・、しゅう&はるは最近理解したので・・・)


ポジション 

ZAR/JPY 7万
AUD/JPY 4万

スワップ 907円/日

予定1ヵ月スワップ 27210円

予定1年スワップ 331055円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。