レバレッジを低く抑えた長期投資で年利10%の運用を実践中
2008年9月に始まった金融不安による円高は、多くのスワップ派に損失をもたらしました。以前株式投資をおこなっていたしゅう&はるにとって、少ない資金で様々な通貨に投資できること、変動幅が株に比べ小さいこと、リスクを自らが決定できること、利益が毎日受け取れることなどFXには株にはない優位性を確信していました。

しかし、株と共通して忘れてはいけない危険性を考慮に入れていませんでした。 それは『投資にお金をさらす時間』です。
「スワップ派」は、株式投資で言う「長期投資」になります。例えば日本の超有名会社であるコマツは以前株価が600円台でしたが、最近は4000円近くまで上昇していました。そして直近は再び1000円割れています。投資にお金をさらす時間が長ければ長いほどハイリスクといえるのかもしれません。FXに関しては、利子であるスワップが株の配当よりも圧倒的に高い利率で毎日もらえるので、たとえ長期にわたって下落を続けたとしてもいつかは収支が黒字になる可能性が株よりは高いと考えられ、その点では株よりはローリスクだと思います。しゅう&はるも「今は好景気で高金利。今後景気が悪化して損失をかぶるかもしれない。」と理解し、「でもダラダラ下落なら低レバレッジであれば耐えられる。」と考えていました。

スワップ派を継続するつもりでいるしゅう&はるですが、スワップだけで運用するのかを考え直す時期が来たと考えています。『投資にお金をさらす時間』が長いスワップ派にとって、そのリスクを補う安全策が求められます。今後しゅう&はるは安全策をとりつつ、『投資にお金をさらす時間』を極力短くした投資を重ね、資産運用していこうと考え中です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月16日にG7の声明で、
経常黒字を多く抱える中国に、人民元の切り上げを求める
内容が盛り込まれた。

人民元が切り上げられることで、経済さらには株価へどういった
影響が期待されるのか?

円安ドル高と関連付けてみたら、明快だ。

円安のとき、日本は普通貿易黒字で、ほくほく
その反面アメリカは、貿易赤字で、へろへろ

元安ドル高では、中国は貿易黒字、アメリカは貿易赤字

現在懸念されている、アメリカの景気減速を、
今後の株安要因と考えると、
アメリカの貿易赤字は解消してもらわないと困る。

そのように考えると、
人民元は上昇し、『世界経済の不均衡』を解消されたほうが、
株価にも好影響が期待できそうだ。
banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




スポンサーサイト

関連タグ : 人民元, 経常黒字, 円安ドル高, 世界経済の不均衡,

グループ・オブ・セブンの略で、
7カ国財務相・中央銀行総裁会議のこと。
日本をはじめ米、独、英、仏、伊、カナダの7カ国を指し、
この7カ国の財務相と中央銀行総裁が、
国際通貨や金融情勢など世界経済について協議する。
この協議での決定事項が、国際金融市場や世界経済の動向に
大きな影響を与えるため、注目される。
原則、年3回開催される。
もとはイタリアとカナダを除く5カ国で70年代から
ひそかに開かれていたが、85年9月にニューヨークで開いた会合での
合意事項発表後、為替相場に多大な影響を与えたことから、
大いに注目されるようになった。
いわゆるプラザ合意。
会合前に1ドル=240円前後だった円相場は
年末には200円に、翌年5月には160円まで円高となった。


2006/9/16のG7では、
米国の景気減速減速は指摘されたが、
世界経済は、「依然として力強い」とされ、
インパクトのある表明はみられなかった。
日本の利上げ延期は理解を示された模様。
banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




関連タグ : G7, 中央銀行, 為替相場, 円高,

米労働省が15日発表した8月の米消費者物価指数
(1982―84年の平均値=100)は203.9だった。
季節調整値で前月比0.2%上昇した。
上昇率は市場の平均予測と同じで、7月の0.4%を下回った。
コア指数は2カ月連続で0.2%の上昇となった。
これで、消費者物価の上昇は8カ月連続。
米連邦準備理事会(FRB)は物価の上昇より景気の減速を警戒し、
8月8日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で約2年間続けた利上げを
休止した。
8月の物価上昇率が低下したことで、
20日に開く次回のFOMCでも金利を据え置く公算が大きくなった。


金利を据え置く公算が大きくなったことから、
米国の株価は上昇すると思われる。
しかし、米国の景気減速は、米国の株価、さらには世界の株価
に不安を与える。
banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




関連タグ : 消費者物価指数, FOMC, FRB, 株価,

株を始めたいけれど、やり方がわからない……。

そんな人にとってもオススメなサイトができました!
それは「株 初心者の情報サイト『モテカブ』」

初心者すぎて誰にもきけない基礎知識から、
専門知識までバッチリ教えてもらえます!
もちろん、大事な企業情報もバッチリ♪
またウレシイ毎月プレゼント企画もやっています!

これから株を始めたい超初心者さんから、
やっているけれど実は知らないこと結構あるんです☆
な株主さんまで対応した、株が気になる人のための情報サイトです。
株をやり始めて最初に困るのは、『銘柄探し』
そんな銘柄探しの手助けをしてるれるところがここなのです!

「株 初心者の情報サイト『モテカブ』」とは、
「投資初心者でも持てる株」
「今、市場でモテる株」
「長く保有できるお気に入りの株式銘柄」
と意味を持っています。

株を買う際、重要なのは、
『お気に入りの企業を見つけるということ。』
お気に入りの企業を応援し、企業の業績が上がればうれしいし、
株主には配当が入るという2倍のうれしさがあります。
そんな企業探しの手伝いを「株 初心者の情報サイト『モテカブ』」はしてくれます。





抗酸化剤を考えるためには、
まず、抗酸化剤についての基本的な知識が必要です。
今回は、アスタキサンチンについてまとめてみました。

成分 アスタキサンチン
分類 カロチノイド系
類似成分 βカロチン
(でもβカロチンは血液脳関門を通過できません)
一日必要量 4mg (鮭の切り身2切れ分)
含有食品 鮭 / えび / かに / ます / いくら
特徴 ビタミンEの500~1000倍の抗酸化力を持つ。
血液脳関門を通過するので、脳や眼でも抗酸化作用を発揮し、眼の疲れなどにも効果がある。
動脈硬化を防ぎ、抗ガン作用・糖尿病予防効果も期待できる。
商品
アスタキサンチン 約30日分


抗酸化剤としての欠点についてもあれば書いていきたかったのですが、
アスタキサンチンに関しては、 正直探せませんでした。
それだけ優れた抗酸化剤といえるのではないでしょうか。
banner_02.gif    にほんブログ村 美容ブログへ
他の美容ブログはこちらからどうぞ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。