レバレッジを低く抑えた長期投資で年利10%の運用を実践中
2008年9月に始まった金融不安による円高は、多くのスワップ派に損失をもたらしました。以前株式投資をおこなっていたしゅう&はるにとって、少ない資金で様々な通貨に投資できること、変動幅が株に比べ小さいこと、リスクを自らが決定できること、利益が毎日受け取れることなどFXには株にはない優位性を確信していました。

しかし、株と共通して忘れてはいけない危険性を考慮に入れていませんでした。 それは『投資にお金をさらす時間』です。
「スワップ派」は、株式投資で言う「長期投資」になります。例えば日本の超有名会社であるコマツは以前株価が600円台でしたが、最近は4000円近くまで上昇していました。そして直近は再び1000円割れています。投資にお金をさらす時間が長ければ長いほどハイリスクといえるのかもしれません。FXに関しては、利子であるスワップが株の配当よりも圧倒的に高い利率で毎日もらえるので、たとえ長期にわたって下落を続けたとしてもいつかは収支が黒字になる可能性が株よりは高いと考えられ、その点では株よりはローリスクだと思います。しゅう&はるも「今は好景気で高金利。今後景気が悪化して損失をかぶるかもしれない。」と理解し、「でもダラダラ下落なら低レバレッジであれば耐えられる。」と考えていました。

スワップ派を継続するつもりでいるしゅう&はるですが、スワップだけで運用するのかを考え直す時期が来たと考えています。『投資にお金をさらす時間』が長いスワップ派にとって、そのリスクを補う安全策が求められます。今後しゅう&はるは安全策をとりつつ、『投資にお金をさらす時間』を極力短くした投資を重ね、資産運用していこうと考え中です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のポジション状況です。

ポジション AUD/JPY 1万ドル

スワップ 145円/日

正直、ポジションの扱いに関しては悩んでいる状況です。
簡単に言えば、どこで買うべきか売るべきかを考えるべきなのか、それとも、そのままもち続けるのだからポジションをたてる時期にそれほど悩まなくてもいいのか。
そういうことすらもしゅう&はるの中で考えが纏まっていません。

少しずつ考えを整理していきたいと思います。

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




スポンサーサイト
ストップロスをおくかどうかについてずっと悩んでいました。
しゅう&はるの投資スタンスとしては、レバレッジ2倍以内の長期ほったらかしでスワップ金利を獲得していく考えです。

色々なFXの書籍を読んでみると、「必ずストップロスを」と書かれています。
しかしそもそもストップロスは、損失を限定させるというもので、その損失・利益の定義はキャピタルゲインに対してのものではないかという疑問を抱いていました。

しゅう&はるみたいに、スワップ金利が目的であれば、証拠金はまさに「証拠金」であって、『証拠金としての役目を果たせなくなる』、つまり『強制ロスカットにあう』ことがなければ、増えようが減ろうがあまり意味をもつものではないような気がします。

むしろそう考えなければ、真のスワップ金利目的ではなくなってしまい、例えばキャピタルゲインがある程度出たから利益確定するといった行為に気持ちが動いてしまい、得られるはずだったスワップが得られなくしてしまうかもしれません。

この考えは一般論からは明らかに間違えですが、しばらく通してみようと思います。
つまり、考え方としては、『60万円の証拠金を預けることによって、豪ドル1万ドルのスワップ金利としてしばらくの間、月4000円程度受け取る。』
ここで大切なことは、『ストップロスはおかず、60万円は忘れる』ということです。

これでしゅう&はるは、日本の金利がオーストラリアの金利を上回らない限り、ずっと月々いくらか貰える事になります。
先は長そうですが、こつこつやっていきます。

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




仕事をもっているしゅう&はるは、株の売買を頻繁に繰り返していたわけはありません。

それでも時には売買の注文をおこなうことがあります。その際、株の売買では注文に対して確認の要求が多いのが時に難点です。
たとえ成り行きであっても、パスワードを入力しさらに注文内容の確認を要求されます。
もちろん、誤発注を防ぐために重要なことなのでしょうが、入力が遅いしゅう&はるにとっては、「注文に時間がかかること」は、希望の購入価格から乖離してしまう最大の原因でした。

その点、FXではストリーミング注文というのがあって、ワンクリックで注文が出来ます。長期的な視点でみても、逆指値は当然の事ながらトレーリングストップが可能であったりと、本で書かれているような損小利大を追求するシステムが多くの業者で取り扱われています。

たいした金額ではないですが、『この金額なら購入したいと思った価格』から注文に至るまでに動いてしまった価格差って非常に存した気分になってしまいますよね。
FXの注文方法ではそうしたストレスは解消されそうです。

ただ、注文のしすぎには注意しないといけないと自分に言い聞かせています。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




株式投資を始めてまだ1年ちょっとですが、「株では時間がお金にならない」という事に気付きました。
もちろんしゅう&はるの投資技術の未熟さもあるのでしょうが、お金を投資する期間が長ければ相応のリターンを期待したいところです。

株では、期間に対するリターンは配当という事になりますが、現在サブプライムローンで株価が下落している状況においても、配当は年1.5%程度。

つまり、キャピタルゲインを考えない場合、株に対する投資のリターンは年1.5%程度になってしまいます。
もちろん株式投資をする以上、今後成長すると思われる企業に投資をし、キャピタルゲインを狙うのが本質だと思いますが、それでももう少し時間に対するリターンは期待したいところです。

多少の下落はあっても、保有しているだけで少しずつ収入を期待できる金融商品はないかなと探していたところ、FXにたどり着きました。

FXの場合、レバレッジを1~2倍程度に抑えることで、定期預金の感覚で投資をすることが出来そうです。さらに希望するリターンを自分で決めることが可能です。

少しずつでいいので、地道にこつこつと資産を殖やすことが出来たらいいなと思っています。
今後しゅう&はるはFXを通して年5~10%の利益を目指してがんばっていきたいと思っています。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。