レバレッジを低く抑えた長期投資で年利10%の運用を実践中
2008年9月に始まった金融不安による円高は、多くのスワップ派に損失をもたらしました。以前株式投資をおこなっていたしゅう&はるにとって、少ない資金で様々な通貨に投資できること、変動幅が株に比べ小さいこと、リスクを自らが決定できること、利益が毎日受け取れることなどFXには株にはない優位性を確信していました。

しかし、株と共通して忘れてはいけない危険性を考慮に入れていませんでした。 それは『投資にお金をさらす時間』です。
「スワップ派」は、株式投資で言う「長期投資」になります。例えば日本の超有名会社であるコマツは以前株価が600円台でしたが、最近は4000円近くまで上昇していました。そして直近は再び1000円割れています。投資にお金をさらす時間が長ければ長いほどハイリスクといえるのかもしれません。FXに関しては、利子であるスワップが株の配当よりも圧倒的に高い利率で毎日もらえるので、たとえ長期にわたって下落を続けたとしてもいつかは収支が黒字になる可能性が株よりは高いと考えられ、その点では株よりはローリスクだと思います。しゅう&はるも「今は好景気で高金利。今後景気が悪化して損失をかぶるかもしれない。」と理解し、「でもダラダラ下落なら低レバレッジであれば耐えられる。」と考えていました。

スワップ派を継続するつもりでいるしゅう&はるですが、スワップだけで運用するのかを考え直す時期が来たと考えています。『投資にお金をさらす時間』が長いスワップ派にとって、そのリスクを補う安全策が求められます。今後しゅう&はるは安全策をとりつつ、『投資にお金をさらす時間』を極力短くした投資を重ね、資産運用していこうと考え中です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円安が進んでいます。

米国第4四半期GDPが予想を下回り0.6%だったにもかかわらず、雇用統計の結果が予想より大幅によかったことをうけたことによるようです。


他の指標がよくてもGDPの結果が悪ければ大幅円高と考えていたのですが、全く反対の動きになりました。

ポジション的には、円安による為替差益が増加したので結果オーライなのですが、少しびっくりです。
もちろん自分の考えが正しくて市場の反応がおかしいなんていうふうには考えません。

やはり、既にある程度の米国景気の後退は織り込み済みとなってきているのでしょう。


さて、円安が進み、USD/JPYはレジスタンスの107.5目前です。
何度もトライされている水準なのでがんばって欲しいところです。

AUD/JPYは下値は94.5で固まったのでしょうか。
上値は、95.5~96.0となりそうです。

ZAR/JPYは変わらず14.7~15.3ですが、本日の消費者物価指数の結果を受けたこともあり、徐々にUSD/JPYの動きとは乖離し弱くなってきているようですので、注視する必要がありそうです。



もうすぐFOMCの政策金利発表ですね。

市場は0.5%の追加利下げを要求しているようです。
なんとなく雰囲気は『0.25%利下げだったら、また急落して混乱するぞ!』と脅しをかけているように感じます。

相場が安定することは望ましいことなんですが、少し不思議ですよね。
過剰なリスクをとったのは金融機関や投資家であったのに、それがうまくいかなくなったら公的な緩和を要求する・・・。
しかもその要求を呑むように政策金利が引き下げられる・・・。

ど素人なのでうまく説明できないのですが、
経済を自由に動かしている人間が、政治をも動かす、って感じで、
やっぱり今の時代お金なんだなぁ、と思ってしまいます。


そんなこんなで、しゅう&はるの政策金利予想は0.5%利下げです。
さて結果は如何に?


ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




スポンサーサイト
株価は乱高下していますが、為替相場の変動は小さいものとなっています。

ただし、テクニカル的に眺めてみると、AUD/JPYは他と違う動きになっているようです。

USD/JPYに関しては、104.9をサポート、107.55をレジスタンスとしたレンジ相場となっています。

ZAR/JPYに関しても、変わらず14.7をサポート、15.3をレジスタンスとしたレンジ相場となっています。


ここで、AUD/JPYだけは、目立たないですが着実に下値を切り上げ、底値だった90.0から、1つ目の目処だった91.5を上抜け、2つ目の目処だった93.0も上抜け、さらに3つ目の目処と考えていた94.5を昨日から本日にかけて上抜けている状況です。

もちろん、米国市場の重要指標が今後も続くので、米国の動向如何ではサクッと下抜けてしまう可能性も否定は出来ませんが、昨日の住宅指標の弱さに対する反応が乏しかったことなど、景気後退指標に対する織り込みが進んでいる可能性が高まっているようにも感じます。
今回の予想GDPを下回ることがあるとえらい(非常にまずい)事ですが、その他はよっぽどのことがない限り、結果は過去のものとして通過していくことになるのかもしれません。


いずれにしても、なんとなく観ていると米国相場につられている動きにみえますが、徐々にその国ごとのファンダメンタルに沿った動きもみられ始めているようです。
その動きが徐々にでもさらに進むようであれば、それぞれの通貨のテクニカルポイントを睨みつつ、短期になるかもしれませんがポジションを持つことを考えてもいいかもしれません。


ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




最近の株価の変動には驚かされますね。

スワップ派の方々の多くはおそらく日中お仕事をされていると思います。
しゅう&はるも仕事を抱えている身ですが、もし昨年同様株式投資をしていたなら、この変動でどうなっていたか想像すると怖くなります。

為替変動もありますが、株式相場程のボラティリティの大きさはないので、気になって仕方ないというほどではありません。
下で待つ余裕があることも心理的に大きいと思います。


今日の目安は、先週末と変化ないと考えています。

AUD/JPYは93.00~94.55、ZAR/JPYは14.7~15.3と考えています。
一方に抜ければその次の目処を考えていきながら、チャンスを待つことにしています。

今、米国の新築住宅販売等が発表されました。
予想より弱い数字のようです。
下向きの動きは現時点では弱いようですが、流れを予想するのではなく、待つというスタンスでいいと思っています。

しかし、最近米国の金利がある程度下がっていることから、住宅関連の今後に楽観視する意見が散見されるようになってきましたね。
景気後退をある程度織り込みつつ、金利低下から来る金融緩和に期待感が出始めているようです。

『金融・不動産以外の米国企業の業績は良い』
と、しゅう&はるは考えているので、待ち続けます。

ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




スワップ派のしゅう&はるとしては、本当は気にしなくてもいいし、気にしてはいけないけど、やっぱり気になるのが日々変動する為替損益です。
レバレッジでリスク管理が出来ておけば一喜一憂する必要はないはずですが、今回のような急激な円高になった場合、やっぱり真っ赤になる建玉表が気になってしまい1日の中で何度もチェックしてしまいました。


ただ、レバレッジを2倍以内と決めているしゅう&はるにとって現時点では投資する資金量は決して多くはないので、為替差損が絶対金額として多くなることもありません。
一時的であれ生じる可能性のある為替差損が、しゅう&はる自身の許容範囲であれば、下で待つ余裕も出来ますし、日常生活に支障がでることもないと思います。

しかし、たとえロスカットされる可能性がほぼない状況のリスク管理を行っていたとしても、自分の許容範囲を超える為替差損が出た場合、やはり余裕がなくなるし日常生活でも為替の動きが気になってしまうのではないかと思います。


ですから、資金管理をする上で資金量に関しても考えておく必要がありそうです。

例えば、資金100万円の方が、レバレッジ2倍で200万円運用したとして、1円円高の場合2万円の為替差損です。
もしこの方が順調に資金を増やしていって、資金1000万円となったとして、同様にレバレッジ2倍で運用していたら、1円円高で為替差損は20万円となってしまいます。
今回の急激な円高のように5~10円動いたとすると、為替差損は100~200万で動くことになります。


スワップ派は複利で運用して初めてその恩恵を受けますので、毎年得たスワップポイントを翌年の運用に加算していく必要があります。
なので、順調にいけば必ず日々の為替損益変動は大きくなるのですが、何とかその変動を小さくすることは出来ないものかと考えてしまいます。


今のところしゅう&はるの結論は、非常に簡単で、
『スワップ派は、ポジションをなるべく長期間持ち続ける。』
となります。

理由は以下の通りです。

ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




[スワップ派のポジション管理]の続きを読む
昨日のUSD/JPYは107.5を上回って終わることが出来ませんでした。
AUD/JPYとZAR/JPYも、それぞれ考えていた基準を上回って終わることが出来ませんでした。
心理的な改善はみられているようですが、依然として安心は出来ません。

それにしても最近は株にしても為替にしても乱高下してますね。
週末の米国株の動向は、まだまだ乱高下が続いているということなのか、一旦の利益確定の下げでいわゆる押し目で買うべきポイントだったのか、初心者しゅう&はるにはわかりませんでした。

分からない時には手を出さないことにして、AUD/JPYのとりあえずの下値目処の93.00とZAR/JPYの下値目処の14.7が保てるかどうか、昨日示した上値の目処を上抜けるかどうか、を見届けたいと思います。

スワップ派は、見届けている間も少しずつ利益を確保できるのがすばらしいですね。
この1週間ほどで、100万円を銀行に1年間預けたぐらいの利子がもらえるなんて、ほんとすごいです。
まぁ、すごい方々は1日で1万円位のスワップポイント稼いでおられるので、しゅう&はるなんてまだまだ頑張らないといけないのですが・・・。

ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




本日は円安傾向ですね。

今日、しゅう&はるはいつも使用しているチャートをみることが出来ない環境なので、とりあえずUSD/JPYが107.5で下値固めが出来るかどうかを見届けたいと思っています。

他のチャートで簡単に眺めてみると、日足でMACDも反転しそうです。
しゅう&はるは、田平雅哉先生の本も参考にしており、MACDとスローストキャスティクスは重要視しています。
MACDの反転は年に数回の出来事ですからチャンスなのですが、それにしても値を戻す時ははやくて、MACDの反転を確認してポジションを持つのは難しいことです。
特にしゅう&はるのように仕事をしている者にとっては。

かといって、MACD反転前にポジションを持つと、その後の流れによっては高値掴みになってしまい含み損をかなり抱えてしまうリスクがあります。

今回のような大幅な円高傾向の時には特に注意しないといけないのですが、これは結果が出て後からわかることで、未来のことなどわかるわけがありません。

急いでも高値掴み、待っても高値掴み。

だからこそやはりチャートでのテクニカル分析は必要です。

自らが考える下落時のポイントを数ヶ所決めておけば、下落時にポジションを持つことができないまま上昇して悔やむこともないし、たとえ下落が持続しても次のポイントまで余裕で待つことが可能です。下落が持続してもポジションを持ち過ぎることもありません。

理想を言えば、下落時の放物線の『下落』と『底』と『上昇』とでポジションを持つことが出来れば言うことなしですが・・・。
今回しゅう&はるは90円が1つの目処だと考えていましたが、もちろん90円ではポジション持ててません。

ポジションを持つポイントを教えてくれる分析方法はテクニカルしかありません。
テクニカル分析をさらに勉強し余計なポジションを持たないようにすることがスワップ派には大切なことだと思います。
スワップ派の皆さん、一緒に頑張りましょうね。

ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




[チャートポイントを把握して相場を注視]の続きを読む
AUD/JPYは、1つ目の目処である92.95を上抜け、2つ目の目処と考えていた 94.30も上抜ける形になっています。
しかし、さらに上値を伸ばす勢いがあるとは言えません。
ZAR/JPYは、現在のところ15.3がレジスタンスとして働いている状況です。

USD/JPYは、一旦104円台に突入しました。
目処は104.00円ですが、他の方々もそう考えられておられるのでもう少し上の水準で円高が止まるかもしれないと指摘していた通り、104円台突入後すぐに切り返す動きとなっています。
トレンドの変化を確認するためには、107.5円をしっかり上抜ける必要があると考えます。
AUD/JPY、ZAR/JPYに関しても、USD/JPYの流れをみて、上記ポイントの上離れに勢いがつくものと考えています。


しゅう&はる個人的には、ここ2~3日のUSD/JPYが106円前後で落ち着いてしまうボラティリティの低下は想定外で、もう少し円高に弾みがつくものだと思っていました。
その流れでさらなるクロス円の円高を期待というか待っていたのですが・・・。
このまま一定期間反転して円安に進むのであれば、チャートでみるポイント通りに進んでいることになるのでやはりテクニカル分析は必要であるということですね。
しかし、市場が混乱したことを短期間ながら確認できた今回の円高も、振り返ればチャート通りとは、チャート恐るべしです。
とは言ってもまだまだ円高への懸念は払拭されたわけではありません。
もうしばらく相場を注視していきましょう。


ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




今年はどこまで円高が進行するのでしょうか?
今は今年1年を考えると、円高なんでしょうか、それとも今後も円高が進行し終わってみれば年始が最も円安だったということになるのでしょうか。

これが株式投資であれば、年後半に向けて株価がさらに下落するのであれば、今株式を購入するのは得策ではありません。

しかし、FXの場合は少し状況が違います。

例えば、AUD/JPYを今1ドル93円で1万ドル購入するとします。
スワップは1日150円だとします。
さて、1年後、88円まで円高が進行したとすると収益はどのようになっているでしょうか。
1ドル93円で1日スワップ150円ですから、年利で考えると5.9%になります。
今後円高になったとしても年利に変化はないと考えると、1ドル88円の場合年利5.8%で、1日スワップが142円と仮定できます。
わかりやすくする為に、93円で購入しても1日スワップ142円だとして考えると、880000円にスワップ1年分51830円をプラスすると、931830円となり、収益は黒字になります。
実際は円高が進行するにつれて徐々に1日スワップが減少していきますので、スワップ1年分は増額されて収益はさらに増えているはずです。


つまり、FXの場合、時間がお金になるということです。
今が今年の大底でなく、今後、さらに円高が進行しようとも、多少の損失は時間が解決してくれるんです。

FXの場合、ポジションを持つのに時間軸も判断の1つとして取り入れる必要があることを、FX初心者しゅう&はるは気付きました。


ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




昨夜の米国の緊急利下げで、世界同時株安・円高に一旦歯止めがかかった状況のようです。

AUD/JPYは上値抵抗の91.55を上抜けました。次の上値の目処は92.95、94.30となりそうです。
日本時間に92.95も上抜けましたが、続かず、現在は92円を挟んだ動きとなっています。
今後に関しては、やはり、米国の動きによると思います。
USD/JPYはしっかり107.5を上抜けるまでは104.00を想定する動きが続くのではないでしょうか。
AUD/JPYもそれに連動した値動きになるのかもしれません。


同様にAZR/JPYも上値抵抗と考えていた14.7は抜けましたが、次の目処である15.30に届かず、しばらくはこの範囲内での動きになるのではないでしょうか。
ことらも、米国の動き次第で今後が決まるように思います。

しゅう&はるのポジションはまだまだ軽いですが、FX初心者でありリスクのとり方がまだよくわからないこと、下値不安が依然としてかなりあることから、しばらくは控えようと思っています。
今後仮に下値を切り下げるような動きがあった場合は、しゅう&はる自身が考える下値サポート辺りの動きをみて追加のポジションを考えたいです。

それにしても、やはり株式投資よりFXです。
スワップを考えれば、AUD/JPYを92円で購入した後たとえ下落しても、1年後80円台後半であれば利益が出ます。2年後であれば80円台前半でも利益が出るのです。


今夜の米国の動向如何では、更なる市場の動揺を誘いそうですね。
上昇するなら利益が膨らむのでよし、
下落するなら突込み所を狙うでよし、
相場を楽しみながら注視しましょう。

ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




AUD/JPYは、1つ目の目処である91.5で下げ渋りましたが、下抜けて2つ目の目処である90.0を目指す展開となりました。
その後、逆に91.5がレジスタンスとして機能することになってしまっています。

ZAR/JPYは、14.67を下抜けた結果、米ドルの動きから下値を推測するほうが良くなってきたように思います。
とりあえず、14.43を下値目処としておきたいです。
レジスタンスが14.67となっています。

そして注目の米ドルは、依然として下値を切り下げる動きをしています。
どうやら104円は皆さんが下値水準として想定されているようなので、少し上の水準を考えておいたほうがいいのかもしれません。

さて、本日の日経平均は想像通り続落しました。
まるで8月15日の再現です。
としたら、本日は欧州続落、そして緊急値下げでしょうか。

やはり、8月15日と同様、緊急利下げでしたね!!

一旦反発しています。
この急反発で、サポート・レジスタンスラインの変更をしなければなりません。
その水準を維持できるか、さらに突破できるか、本日の米国企業決算の内容後に注目ですね。

ポジション 

ZAR/JPY 5万
AUD/JPY 3万

スワップ 659円/日

予定1ヵ月スワップ 19770円

予定1年スワップ 240535円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中です。




AUD/JPYは現時点で92.91を下抜けています。
今度の下値目処は、91.55と90.00でしょうか。
USDの動き次第(USD/JPYが104.02まで円高に振れる展開)では、86.06を目指すのかもしれません。

ZAR/JPYは14円台後半です。こちらも予定通りではありますが、USD/JPYが現時点で106円に踏みとどまっている状況を考えると、下値が14.70で踏みとどまれるのか怪しくなってきました。やはり、104円への動きを見せた場合は一段安を想定しておく必要があるようです。
その場合、USD/JPYのチャートで下値を考えるのがいいのかもしれません。


ところで、本日の日経平均株価の動きと円高の流れ、なんだか昨年の8月14日を思い出します。
翌日8月15日にもう一段安で日経を襲ったセリングクライマックスと金利引下げによる急回復。

本日の相場は、言葉は悪いですが、動揺を感じます。
今までの淡々とした下落とは違う雰囲気を感じます。
米国株式市場が休場ですから、動向をみれないことからくるどうしたらいいのかわからない感情なのでしょうか。
このまま明日の相場に入れば当然日経は続落で始まるでしょう。

本日以降の相場をみて、米国はどのように反応するのでしょうか?
もし8月15日と同様の動きになったら・・・
その場合、8月15日と同様に緊急措置的な利下げなんてあるのでしょうか?


ただ、本日のニュースで経済学の教授が『セリングクライマックスはまだでしょう』と仰ってました。相場全体が総悲観状態のようです。

だからなんだかすごくチャンスのような気もします。
本日の動向と明日の相場が楽しみです。

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中です。




スワップ派を長くされている方々には当たり前のことかもしれませんが、通貨の下落時に利回りも低下してしまうことは気を付けておかなくてはいけないことだと思いました。

例えば、AUD/JPY1万ドルを100円で購入した場合を考えます。
仮に年利7%とすると、1年後10700ドルですから、1年間で7万円、1日で191円のスワップです。
(日本の金利は考えないことにします)
円高で90円になった場合でも10700ドルですが、700ドルは63000円で、利回りは6.3%になってしまい、1日スワップは172円に減少します。
為替差損と利回り低下のダブルパンチです。

実は全く違うのですが、債券では債券の価格が下落すると利回りは上昇するので、なんか混同してしまいそうです。しゅう&はるだけかな?

でも逆に言えば、利回りの良くない通貨ペアでも、底でポジションを持つことが出来、円安になれば実質的な利回りは上昇すると言うことです。


そう考えると、スワップ派であってもテクニカル的に出来る限り割安で購入することは、高金利通貨の金利をさらに上昇させるという意味においても重要だということです。


今後、しゅう&はるはテクニカル的なことも勉強していこうと思います。

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




サブプライムローン問題はいつまで続くのでしょうか?


いつも参考にさせて頂いている、
債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら
では、以前からこの問題の重大さを指摘されてました。

ぐっちーさんは、サブプライム問題での損失は100兆円を超える規模になると書かれています。

当初、全体で1兆円前後と言われていた損失が、現在単一銀行の4半期損失で1兆円を超える状況になってきております。
こうなってくるとグッチーさんが書かれておられるとおり、
『評価がゼロのものはゼロ』として損失計上してもらいたいものです。

ただ、先が非常に暗いのかと言えば、そうでもない気もします。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




[サブプライムローン問題はいつまで続くのでしょうか?]の続きを読む
ZAR/JPYは15.30も下抜けてしまいました。
当面は、下値14.70がサポートするか、上値15.31をしっかり抜けられるかに注目したいです。

ただ、最近は米ドルの動きにつられて動いていますから、米ドルの動きを追って他の通貨の下値を探るのがいいのかもしれません。

しゅう&はるなりにUSD/JPYでみてみます。
下値の目処としては、1昨日の105.90と104.03が考えられます。
上値の目処としては、107.55と110.18が考えられます。
まずは、105.90を下抜けるのか、107.55を上抜けるのか注目しています。

USD/JPY:104円台を考えると、ZAR/JPYは14.70を第一目標と捉え、その下も考えておく必要がありそうです。

AUD/JPYの下値目処は92.91と考えています。
短期間ですが、ダブルボトム様になっていて期待したいです。
まずは、97.27を抜けられるかどうか注目しています。
ただこちらも、USD/JPYの動きにつられていますので、USD/JPYが104円台への動きになった場合、当然92.91を下抜けてくるでしょうから注意が必要だと思っています。


ポジション ZAR/JPY 3万

スワップ 126円/日

予定1ヵ月スワップ 3780円

予定1年スワップ 45990円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




円高になっています。

ただ、去年の8月みたいに狼狽した状態でのキャリートレードの巻きなおしって訳ではなく、 淡々と円高が進んでいる感じがします。

しゅう&はるなりにチャートをみてみると、ZAR/JPYの下値目処は15.46と15.30にありました。

昨日は一応15.30辺りで反発しておりましたので、ポジションを持ってみました。

ポジション ZAR/JPY 3万

スワップ 126円/日

予定1ヵ月スワップ 3780円

予定1年スワップ 45990円

当分損切りはしないことにしました。
リスク管理はレバレッジでおこなうことにしました。
今後は、1ヵ月にいくら収入を得ることが出来るのか、
年間いくら収入を得ることが出来るのか、
その観点からFXに取り組んでいこうと考えています。

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




新年明けましておめでとうございます。
しゅう&はるのFXブログは開始したばかりで、訪れてくださる方は少ないですが、これからも頑張って参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

さて、年末から年始にかけての急激な円高で持っていたわずかなポジションもストップロスに引っかかり散っていきました。

幸い、買値より上にストップロスを置けていたため損失にはなりませんでした。 スワップ分だけ資金は増加したことになります。

今週のポジション状況です。

ポジション なし

スワップ なし

ストップロスに関しては、基本的に置く事にしました。
まだ試行錯誤のことなので、少しずつ考えをまとめていくことにしたいと思います。

しかし、年始の円高は急ですね。
レンジ内での動きなのか、下落まっしぐらなのか、もう少し様子見かな。

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    ブログランキング・にほんブログ村へ
他のブログはこちらからどうぞ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。