レバレッジを低く抑えた長期投資で年利10%の運用を実践中
2008年9月に始まった金融不安による円高は、多くのスワップ派に損失をもたらしました。以前株式投資をおこなっていたしゅう&はるにとって、少ない資金で様々な通貨に投資できること、変動幅が株に比べ小さいこと、リスクを自らが決定できること、利益が毎日受け取れることなどFXには株にはない優位性を確信していました。

しかし、株と共通して忘れてはいけない危険性を考慮に入れていませんでした。 それは『投資にお金をさらす時間』です。
「スワップ派」は、株式投資で言う「長期投資」になります。例えば日本の超有名会社であるコマツは以前株価が600円台でしたが、最近は4000円近くまで上昇していました。そして直近は再び1000円割れています。投資にお金をさらす時間が長ければ長いほどハイリスクといえるのかもしれません。FXに関しては、利子であるスワップが株の配当よりも圧倒的に高い利率で毎日もらえるので、たとえ長期にわたって下落を続けたとしてもいつかは収支が黒字になる可能性が株よりは高いと考えられ、その点では株よりはローリスクだと思います。しゅう&はるも「今は好景気で高金利。今後景気が悪化して損失をかぶるかもしれない。」と理解し、「でもダラダラ下落なら低レバレッジであれば耐えられる。」と考えていました。

スワップ派を継続するつもりでいるしゅう&はるですが、スワップだけで運用するのかを考え直す時期が来たと考えています。『投資にお金をさらす時間』が長いスワップ派にとって、そのリスクを補う安全策が求められます。今後しゅう&はるは安全策をとりつつ、『投資にお金をさらす時間』を極力短くした投資を重ね、資産運用していこうと考え中です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
G7後の本日は、円高傾向です。

先週、分岐点だといった水準を上抜けることが出来なかったためか、円高が幾分加速している状況です。

それにしても、先週までいくつもの悪材料があったのにドル安が進行しなかったのは何故だったのでしょうか。
G7に期待されていたものは何だったのでしょうか。
しゅう&はるは、
1つ目は、協調介入への期待
2つ目は、公的資金への期待
だったと考えています。

米財務省長官が公的資金注入を否定し、協調介入は現時点ではされないとのことで、期待は叶いませんでした。

目先目処は、USD/JPYで98.6円、AUD/JPYで91.7と考えています。


ポジション 

ZAR/JPY 7万

スワップ 224円/日

予定1ヵ月スワップ 6720円

予定1年スワップ 81760円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




スポンサーサイト
日本市場の時間帯は米国市場の流れを受けて円安だったですが、欧州時間に入ってからは再び円高傾向です。
ただし、微妙に中途半端ですが。

USD/JPYの日足を眺めていると現段階は非常に重要なポイントのような気がしています。

上値抵抗となっている102円台中盤のラインと、昨年末と本年2月末の上値を結んで描かれるトレンドラインとが重なるからです。

つまり、ここを上抜けるのか、それともはね返されて下落トレンドが継続するのか、その大きなポイントに差し掛かっている気がしてなりません

そんな時に、G7や週明けの米国金融機関の決算を迎えるのは、これを契機として大きな変化が生じるということなんだと捉えています。

ちなみにUSD/JPYの日足のMACDなんかは、下向きになりそうな感じを描いています。
週末から週明けにかけてが山場ですね。


ポジション 

ZAR/JPY 7万

スワップ 224円/日

予定1ヵ月スワップ 6720円

予定1年スワップ 81760円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




本日は少し円高ですが、口座変更の間に円安がずいぶん進んでしまいました。

アナリストの皆さんがずいぶん強気な発言・レポートをされていますので、手を出さず様子見しています。小銭ですが、毎日数百円収入があることを良しとしています。

次の山場は、ゴールデンウイーク頃でしょうか?

よーく覚えています。
一昨年は株式投資をしていましたが、ゴールデンウイークを境に何がなんだかわからないうちに資金を3分の1失ってしまいました。

去年はそんなに動きがなかったようなぁ・・、で夏休みにドッカーンっとサブプライム問題でした。

さて今年なんですが、4月中の決算で不安定になり、長期休暇中の流動性懸念でスコンと円高ってシナリオはいかがでしょうか。

でもこう心配しているとあまり円高にならないのが常ですが・・・。


ポジション 

ZAR/JPY 7万

スワップ 224円/日

予定1ヵ月スワップ 6720円

予定1年スワップ 81760円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




税金対策の続きです。

スワップ派は、基本的にストップロスをおきません。
さらにしゅう&はるは、一度立てたポジションは基本的にほったらかしにする予定です。

ここで税金のことを考える必要があります。

今後毎年20万円のスワップを得ると仮定します。
単純に考えると10年間で200万円のスワップが貯まることになります。
サラリーマンの場合、毎年20万円未満の利益は確定申告する必要がありません。
なので、毎年20万円(正確には20万円未満)ずつ利益確定できれば10年間確定申告の必要性はありません。
しかし、スワップを蓄積して10年後に一気に利益確定すると、200万円のスワップ益になりますから確定申告の対象になってしまいます。
それぞれの収入にもよりますが、約20%~50%の税率ですので50万円程度は税金で持っていかれてしまうことになります。

以上から、しゅう&はるの投資スタンスから判断すると、スワップ益は発生した時点でポジションを決済しなくても確定利益になる必要があります
そうでなければ、発生するスワップを発生した年の利益とするためには、必ずポジションを立てた年に決済しなければならなくなってしまいます。

そういった視点で各FX会社を見てみると、

①スワップが発生した時点で確定利益となるFX会社
(スワップ益は、発生した年に確定申告の対象となる)
・セントラル短資
・フォーランド フォレックス
・サイバーエージェントFX
・MJ
などがそうです。

②スワップがポジションを決済した時点で確定利益となるFX会社
(スワップ益は、決済した年に確定申告の対象となる)
・マネーパートナーズ
・スター為替
などがそうです。


以上の理由から、しゅう&はるは資金をマネーパートナーズから引き上げ、他のFX会社に移行中です。ただし、含み損のあるランド円は今後の税金対策用にそのままにしておく予定です。


ポジション 

ZAR/JPY 7万

スワップ 224円/日

予定1ヵ月スワップ 6720円

予定1年スワップ 81760円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




米国で新規失業保険申請者数が40万人を超えました。

予想のコーナーで40万人を超えればリセッション入りなんてことも書かれていましたが、予想よりも悪い数字にもかかわらず、それほど円高には傾いていないようです。

チャートでもそうですが、やっぱり少しずつ相場が好転しているようですね。

ただ、ちょっと気にかかるところがあるのはしゅう&はるだけでしょうか。
最近の指標改善は実は金融以外の結果によるものだと思っています。
確かに金融機関の増資が好感されて今回の円安が加速した感がありますが、それで本当に不安は取り除かれたといえるのでしょうか。

例えば製造業の景況指数もそうですが、ドル安によって米国企業の外国向けの輸出は増えるのは確実で、企業の収益は上がるはずです。
日本と同じで、国内が冷え切っていても輸出で企業は好業績なのではないでしょうか。

あ、非製造業の景況指数も良いや・・・。

またもや上昇気流に取り残されるしゅう&はるなのでしょうか・・・。


[指標好転中]の続きを読む
円安ですね。

しゅう&はるは今後の税金対策のためにFX会社の変更の準備をしているところで、マネーパートナーズのポジションを決済しているところです。

昨日AUD/JPYを4万ドル処分しました。
これでAUD/JPYはポジションがなくなりました。
為替差益は多少ありますが、ほぼ買値です。スワップ分が利益です。

その後も円安が続いているので、なんだかなぁといったところですが、まだチャンスは来ると思っているので今後の税金対策をしっかりしようと思っています。

ポジションが減ってしまったので、1日スワップも減少してしまいました。

ポジション 

ZAR/JPY 7万

スワップ 224円/日

予定1ヵ月スワップ 6720円

予定1年スワップ 81760円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




3月のスワップが確定しました。
23257円でした。
先月より微増ですが、円高の影響で1日あたりのスワップが減少したために、予定受け取りスワップには達しませんでした。

1ヵ月ぶりに予定スワップを更新しました。
ポジションの変更はありませんが、1日あたりのスワップは先月より大きく減少しています。

AUD/JPYに関しては本日も弱い動きで推移しています。
オーストラリアの金利は予想通り据え置かれましたが、利上げが当分の間否定的との見方からのようです。

ただ、3月20日を底に日足でMACDも反転しているし、下値目安の90円も割れていない状況は続いているので、少し期待してみているところです。

それに、期末を終えた影響でしょうか、AUD/JPYのスワップも再び150円を回復してきました。
なんとなく円安を予想するしゅう&はるです。


ポジション 

ZAR/JPY 7万
AUD/JPY 4万

スワップ 824円/日

予定1ヵ月スワップ 24720円

予定1年スワップ 300760円

しゅう&はるでした。




banner_02.gif    にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
ブログランキング参加中です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。